オンライン講義のやり方:メモ

 非常勤でやっている講義授業について、いまやっていることをメモしておく。

 まず、オンライン授業の方式については、オンデマンド(録画配信)授業をする先生方が多い印象を受ける。だが、僕は一人でパソコンに向かって話すことに耐えられないので、ライブ授業を選択した。
 加えて、ある調査によると、学生の7割はライブ授業がよいとのことである。授業時間によって生活リズムを整える機能は、講師にとっても学生にとっても無視できるものではない。
 ただし、通信環境や家庭環境その他の事情で授業時間に参加できない学生もいると思うので、授業を録画したものを別に見せることにした。

 第5回まで終えた現状では、実質的な受講人数185人のうち、リアルタイムで参加しているのは130~140人ほど。だいたい4人中3人は授業時間通りに見ていることになる。その他の学生は、録画配信を見ているようだ。

 もともとこの講義授業はスライドを見せて解説を加えるかたちで進める予定だったので、スライドの型はすでに存在していた。そのため、オンラインといっても、新たにやる必要のあることは最小限で済んだように思う*1
 ただしリングライトコンデンサマイクは購入した。初回授業で使ったパソコンの内蔵マイクでは評判が悪かったため。

 一つの授業についてはこのような流れになっている。

 パワポのスライドは先に作っておく。静止画面が何分間も続くのを避けるため、アニメーションを多めに入れる。ただし、大半の通信環境ではカクカクにしかならない。スライドはPDFファイルにして、前日までに学習支援システム(非常勤先はmanaba)にアップロードする。これは要望する学生が多かったため。

 授業を始める。スライドショーは、パワーポイントの機能「録画」で開始する。このとき、学生にどう見えているか/聞こえるかを自分で確認するため、スマホから別のアカウントでウェブ会議室に入り、学生と同じ状態をつくり、スマホのイヤフォンを片耳にさして、自分の声やスライドの状態を確認する。ここでスマホというのは重要で、なぜならパソコンやタブレットのような質の良い環境でなくてもちゃんとなっているかどうか確認できるからである。
 もし聞こえづらかったら、口をマイクに近づける、はっきり発声するなどの調整をする。

 ライブであると同時に録画配信する内容なので、なるべく淀みのないように話す。
 またパワポのせいであるが、録画しながらだと、スライドを切り替える前後で(おそらくスライドごとの音声データが書き込まれる影響で)わずかに音声が途切れる。そのため、切り替える前後では話すのをやめる。
 録画配信には使えない、あきらかに関係のない話をするときは、一時停止する。また チャットで学生からの質問があったらすぐに拾って答えるが、それも後から録画配信を見る学生に分かりやすいように説明を加える。
 アニメーションに加えて、マーカーなどを使って強調したいところをはっきりさせる。その場でイラストを描くのもあり。
 録画機能を使っているときの問題点は、スライドごとに音声が記録されるため、複数のスライドの自由な行き来が制限されるということである。単純に言うと一方通行になり、前のスライドに戻ることができない。どうしても戻りたいときは録画を一時停止するしかないが、そこで話したことは記録されない。
 スライドが終わったら録画を停止する。なお、録画されるのはパワポ内部のスライドと音声だけなので、たとえウェブ会議システムのほうで僕の顔が映っていても、そちらのほうは記録されない。

 授業後、録画したものを動画ファイルに出力する。意外と時間がかかる。次いで、その動画ファイルをYouTubeにアップロードする(限定公開)。YouTubeなのは、見る側で自由に画質の調整ができ、通信料に不安がある学生でも対処できそうだから。また学生がもっとも慣れているプラットフォームだからというのも大きい。
 それが終わったら、学習管理システムで動画の場所を指示する。いまのところ、各動画とも100回前後再生されている。ライブで見られなかった学生以外にも、確認するため見直す学生がそれなりにいるようだ(でも「いいね」は1つしか来てない)。先ほどのアンケート調査でも、9割の学生が講義動画を見たいと書いていたので、ライブ授業でも別途動画配信をしたほうが良いと判断できる。

 練習などをして編集した動画ではないので、言い淀みもあれば言い間違いもあるが、そのあたりの学生からのクレームは今のところない。言い間違いを恐れるため、比較的ゆっくり話すことになる。そのため間延びしたように感じられる学生もいる。そういう人には、Youtube動画を倍速で見てもかまいませんと言ってある。

 というわけで、ライブ授業と録画配信をこうやって組み合わせている。おそらく一番の利点は、動画作成のための時間が授業時間と同一であるため、時間が節約できるというところだろうか。

 以上です。

*1:なお、パワポを使う場合はデュアルディスプレイを強くお勧めする。全画面表示のスライドを「画面共有」することが多いと思うが、2つあれば、もう片方の共有されないほうで細かい裏方の操作可能だからである。録画しない場合でも同じで、「発表者ツール」は使いこなせたほうがよい。せっかくパワポを使っているのに、読み原稿を印刷したものを手元に置いて発表するのは無駄である。

妄想『怪異の民俗学』第2期

お遊びです。


 

  2000年から2001年にかけて、小松和彦監修のもと出現した伝説的な論文アンソロジー、『怪異の民俗学』全8巻。
 しかし出版から20年経ち、怪異・妖怪研究も大きく様変わりした。新たなトピックが展開する一方で、埋もれた研究も発掘が続けられている。今、ここに『怪異の民俗学』第2期全8巻が立ち上がる――。

第1巻 狐狸

資料の量としてもっとも多い怪異・妖怪は「狐狸」である。人と動物の関係性をめぐって繰り広げられた諸論考。

早川孝太郎(1916)「おとら狐の話」
今野圓輔(1981)「ユーモラスなケモノたち」(『日本怪談集 妖怪編』より)
野村純一(1995)「眷属列伝の意図」(『日本の世間話』より)
ほか

第2巻 魔物とお化け

「魔物」や「お化け」といったカテゴリーは、独特な名称も特徴も持たないが、狐狸と同じく幅広く伝わっている。人々の世界観やそのバリエーションを抉り出す議論を一望。

和歌森太郎(1959)「日本の民衆における悪魔」
谷川健一(1971)「怨念の序章」(『魔の系譜』より)
大野寿子、松岡芳恵(2010)「日本の近世文芸における「魔」の系譜 翻訳語「魔女」成立への架け橋として」
ほか

第3巻 幻獣

竜とは、ヌシとは何か。肉体性・動物性の強い怪物は、21世紀に入り「幻獣」と呼ばれるようになる。近年盛んな「予言獣」論も収める。

南方熊楠(1916)「田原藤太竜宮入りの話」(『十二支考』より)
C・アウエハント(1964)「破壊者‐救済者としての鯰」(『鯰絵 民俗的想像力の世界』より)
湯本豪一(2003)「予言する幻獣 アマビコを中心に」
ほか

第4巻 異界・他界

境界を越えた向こうには何があるのか。私たちは再び「異界」に参入しなければならない。地理学、社会学などの成果も踏まえ、新たな異界論の出発点を提供する。

村岡典嗣(1915)「復古神道に於ける幽冥観の変遷」
内田忠賢(1990)「江戸人の不思議の場所 その人文主義地理学的考察」
池原陽斉(2013)「異界の諸相 語誌の展開をめぐって」
ほか

第5巻 俗信と科学

怪異・妖怪研究は人文科学と自然科学に分けられる。本書は、自然科学的研究や、表裏一体にある俗信研究をまとめる。

寺田寅彦(1929)「化物の進化」
井ノ口章次(1975)「俗信の概念」(『日本の俗信』より)
門脇大(2018)「怪火の究明 人魂・火の化物」
ほか

第6巻 都市伝説

口裂け女、ブルンヴァン。うわさ、学校の怪談。怪談実話、ネットの怖い話、心霊動画。先端を行く議論を展望。

小松和彦(1986)「口裂け女の意味論」(『鬼の玉手箱』より)
常光徹(1993)「現代の〈はなし〉」(『学校の怪談 口承文芸の展開と諸相』より)
飯倉義之(2016)「怪談の文法を求めて 怪談実話/実話怪談の民話的構造の分析」
ほか

第7巻 学史と学説

妖怪学はどのように構築され、再構築されてきたのか。円了批判から存在論的転回まで、この一冊で全体を捉える。

柳田國男(1932)「盆過ぎメドチ談」(『妖怪談義』より)
粕三平(1973)「お化け図絵 ザレとモドキの伝統」(『お化け図絵』より)
梅屋潔(1998)「妖怪異人
ほか

第8巻 海外から

日本語以外で書かれた重要文献を紹介する。全編初邦訳。

チャールズ・フォンデス(1875)「迷信」(『扶桑耳袋』より)
マイケル・ディラン・フォスター(1998)「カッパの変容 日本におけるフォークロアからフォークロリズムへの変化」
アヤコ・ヨシムラ(2015)「信じる、でも信じない 日本における金縛りのネイティヴ民俗誌」
ほか


売れ行き次第で第3期も計画中!

日本における超自然概念:年表

 

 前にも詳しいことを書いたのだが、西洋近代以外の文化事象に「超自然」概念を用いることには問題がある……という議論は、ヨーロッパでは19世紀後半から続けられている。

 では、そもそも、なんでそういったもの――妖怪、幽霊、冥界、呪術、魔物、神々など――は超自然的とかsupernaturalとか言われるようになったのだろうか。それはいつから始まったことなのだろうか。

 実はこのあたり、欧米での展開に限っても、いまだ、まとまった論考はないようである。キリスト教神学における、本来の意味での「超自然」概念(つまり、範囲を神的なものに限定する)がどう扱われてきたかについては、アンリ・ド・リュバックをはじめとして、いろいろと研究がある。だが、一般的な意味でのこの概念がどうやって生まれ定着したのかについて、いまだ本格的なモノグラフは存在しない(はず)。

 それとは逆に、日本での進化系統は比較的描きやすいはずだ。なぜならこの概念は、「社会」や「文化」、そして「自然」と同じように、19世紀、欧米から輸入されたものだからである。加えて、社会や文化、自然などと違い、「超自然」という文字列は前近代には存在しなかった。そのため、文字列が引き連れる概念の重なり合いや矛盾について考える必要はない。なので、たどること自体は難しくないはずである。

 

 ということを念頭に置いて、ここ数年間調べてきた結果の一部を、時系列的に簡単に紹介することにしてみたい。個々の項目の意義や相互関連などはここには書いていない。また、近世以来の概念とのつながりも示唆程度にとどめている。あくまで情報提供としての記事である。

 一つ注意したいのは、あくまでキリスト教神学以外の文脈でどうなっているか、ということである。要するに妖怪や幽霊やオカルトを表現するときこの概念が使われているかどうかということに重点を置いている。

 

というわけで、18世紀末から1920年代までの日本語における超自然/supernatural。

引用文は、適宜読みやすく改変しています。

 

1796

『江戸ハルマ』(辞典)

bovennatuurkunde  最上自然の術

bovennatuurkundig  同上

bovennatuurlijk  同上

オランダ語の「超自然」はbovennatuurlijk。上のbovennatuurkundeは現在使われないが形而上学のこと。

 

1816

『ドゥーフハルマ』(辞典)

boven natuur kunde  窮理以上の学

boven natuurlijk  窮理以上の

 

1862

『英和対訳袖珍辞書』

supernatural 理外の理の

 

1871

『英和字彙』

supernatural 理外の、神怪の、不可思議なる、奇異なる

 

1885

ヘルベルト・スペンセル(ハーバート・スペンサー)『社会学之原理』乗竹孝太郎訳

スーパー・ナチュラ」即ち理外と云ふ語の如きは、「ナチュラル」即ち当理と云ふ語に対用すべきものにして、現像の因果に一定の秩序あること、即ち吾人が所謂自然の理なるものの存することを知るの後にあらざれば、もとより吾人が理外と云ふ語を以て表する如き思想を発せざるなり。

 

1890ごろ

北村透谷「マンフレッド及びフォースト」(遺稿)

フォーストはゲエテの傑作なり、世界の傑作なり、マンフレッドは実にバイロンの傑作なり、世界の一大奇観と称するも仮誉ならじ。しかして彼も鬼神談既に古文人の談柄に上るのみにして文界まさに実際に進まんとするの時に成り、これも実に近󠄁代の鬼神を駆馳し、新創の幽境に特異の迷玄的超自然の理想を着て出でたり。

※『日本国語大辞典』に載る「超自然」の最古の用例。ただし、神学的文脈ではもう少しさかのぼれる。

 

1892

北村透谷「他界に対する観念」(参考)

フェーリイあり、エンゼルあり、サイレンあり、スヒンクスあり、あるいは空中に棲めるものとし、あるいは地上のあるいは奥遠なるところに住めりとなす、共に他界に対する観念なり[……]ゲーテのメヒストフェリスを捕捉してその曲中に入らしむるや、必らずしもかくの如き他界の霊物実存せりと信ぜしにもあらざるべし[……]実ならざるものを実なるが如くし、見るべからざるものを見るべきものとするは、この世界の常なり[……]近世の理学は詩界の想像を殺したりといふものあれど、バイロンのマンフレッド、ギョウテのフォウストなどは実に理学の外に超絶したるものにあらずや

 

1891~92

井上円了「妖怪学」『哲学館講義録』

また世人は、一切の妖怪はみな理外の理なりという。このいわゆる理外とは、人知以外を義とするにあらずして、万有自然の規則に反するものを義とす。万有自然の規則とは、原因あれば必ず結果あり、結果あれば必ず原因ありというがごとき、必然の天則を意味するなり。この天則に反したる不必然のものを名づけて妖怪という。

※「理外(理外の理)」は「万有自然の規則」と対置されるのでsupernaturalと思われる。

 

1892

坪内逍遥(訳)「小説に於ける二大勢力」『早稲田文学

超自然説と心理説とは小説に於ける二種の活動力なり。所謂[超]自然説とはウースタル(字彙家)の釈によれば「宇宙に物理的原因上のものありて活動せり」といふ説にして、小説に応用したるときには、ある種類の結果を超自然力の直接又󠄂は特殊の作用に帰するところを謂ふ[……][ウォルター・]スコットはしばしば神秘教、魔史等によりて妖術使ひ、妖婦、幽霊、いずな使ひなどを作りいだし[……]シャアロット・ブロンテに至りては[……]前兆、夢、幻影をはじめとして反響する足音、颯々の風声に至るまでも皆活きたる力なり

 

1896~1903

ラフカディオ・ハーン東京帝国大学にて英文学講義。講義の一つが「フィクションにおける超自然的なものの価値」(The value of the supernatural in fiction)。

 

1899

夏目漱石「小説『エイルヰン』の批評」『ホトヽギス』(参考)

前に述べた如く、此小説は全く「フィリップ・エイルヰン」の呪詛が発展したものと見て差支へない。然しこれを説明するのに二つの解釈がある。第一は呪詛そのものの効力でこれだけの結果が生じたと解釈する。即ち「シンファイ」の固執する所である。第二には全く幽冥世界と関係なく、ただ外界の因果物質的変化と見做す。

※「幽冥世界」が超自然概念に近い。

 

1900

高木敏雄「羽衣伝説の研究」『帝国文学』

要するに未開人民が、天上界に超自然的住者を想像し、時としては、ある目的のためにもしくはある条件の下に、人間との接触結合の可能を信じたりとの説は、一般に許容すべきものとす。

 

1904

夏目漱石マクベスの幽霊に就て」『帝国文学』

自然の法則に乖離し、物界の原理に背馳し、もしくは現代科学上の智識によりて闡明しがたき事物を収めて詩料文品となすことあり。暫く命名して超自然の文素と謂ふ。[……]悲劇マクベス中に出現する幽霊は明かにこの文素に属するものなり。[……]一言にして言へば余は窈冥牛蛇の語、怪癖鬼神の談、その他の所謂超自然的文素を以て、東西文学の資料として恰好なりと論断するものなり。

※本名のほうで発表している(以下も)

 

1907

夏目漱石『文学論』

余の所謂超自然的材料中には単に宗教的、信仰的材料を含むのみならずすべての超自然的元素即ち自然の法則に反するもの、もしくは自然の法則にて解釈しあたはざるものを含めばなり。例へば⑴古来小説詩歌の材料として使用せらるる幽霊[……]⑵Macbeth中の妖婆[……]⑶変化、妖怪[……]

 

泉鏡花「おばけずきの謂れ少々と処女作」『新潮』

僕は明に世に二つの大いなる超自然力のあることを信ずる、これを強ひて一まとめに命名すると、一を観音力、他を鬼神力とでも呼ばうか、共に人間はこれに対して到底不可抗力のものである。鬼神力が具体的に吾人の前に現顕する時は、三つ目小僧ともなり、大入道ともなり、一本脚傘の化物ともなる。世に所謂妖怪変化の類は、すべてこれ鬼神力の具体的現前に外ならぬ。

 

1909

夏目漱石『文学評論』

次には、自然界には超自然の要素を含んでゐないと見る立場もある。(無論哲学的に云ふのではない。)即ち超自然界と独立して存在してゐる。[……]神を建立しても好い、幽霊を建立してもよい、役病神でも、福の神でも、雷様でも、弁天様でも好い。なんでも建立して不可思議にするが好いが、遂に神秘にはならない。

 

泉鏡花「一寸怪」『会談会』(参考)

私は思ふに、これは多分、この現世以外に、一つの別世界といふやうな物があつて、そこには例の魔だの天狗などとといふ奴が居る、が偶々その連中が、吾々人間の出入する道を通つた時分に、人間の目に映ずる。それは恰も、彗星が出るやうな具合に、往々にして、見える。

 

1914

蘆谷重常『童話及伝説に現れたる空想の研究』

超自然的存在に関する空想とは、神であるとか、天使であるとか鬼であるとか、天狗であるとか、巨人であるとか、小人であるとかいふやうな超自然的人格者、または竜であるとか、大蛇であるとか、鳳凰であるとかいふやうな異常な動物、天国であるとか、海底の国であるとか、竜宮であるとかいふやうな空想より生じた国等、すべてかくの如き存在に関する空想を指すのである。[……]本書は即ち古来の神話、口碑、及童󠄂話に現れたるこれらの空想の最価値あるものの実例を挙げ、これが性質を研究することを目的とする

 

1919

芥川龍之介「妖婆」

あなたの御注意次第で、驚くべき超自然的な現象は、まるで夜咲く花のやうに、始終我々の周囲にも出没去来しているのです。

 

1926

片岡良一『井原西鶴

雑話集には、その性質の必然として、怪談、霊異談、神怪談、乃至それに類する超自然的事件を含んだ説話が多かつた。[……]武家物に至つては殊にさうした超自然力の顕現が少なくなかつた。化物屋敷には妖怪が出た。幽霊もあつた。死者の霊魂が横死を知らせる不思議もあつた。

 

1927

柳田國男尾佐竹猛芥川龍之介菊池寛「座談会」『文芸春秋

尾佐竹。よく田舎へ行くと天狗の宿つて居る松だといふて枝振りの面白い茂つた松があつたものですが、それも大分伐られてしまつたから、居処が無くなつたので大分居なくなつちやつたんでせう。

芥川。ああいふ超自然的な実在も、時代に依つて変りませう。

柳田。絵に描く姿はドンドン変るけれども、何かここにある迷冥の霊物が居るといふ考へだけはかはらない。

※柳田の発言にある「迷冥」は「幽冥」の誤植だと思われる。

 

1929

鈴木敏也『新註雨月物語評釈』

さきに雨月物語の説話を構成する中軸が妖怪変化にあることを述べた時、私はその出現の動機及び形式に就て云為するところがあつた。ここにはその表現と伝統とを明かにして更に超自然分子の芸術的価値に及ばうと思ふ。