妖怪と、人類学的な雑記

筑波大学の廣田龍平です。被災地研究・妖怪研究を人類学・民俗学的な方向からやっています。

くねくねがブームになるまで

ちょっとした備忘録。
「洒落怖」や「エニグマ」はそれぞれオカルト板の有名なスレッド。

2000年3月5日
ウェブサイト「怪談投稿」に、「分からない方がいい・・」が投稿される。

2001年7月7日
洒落怖6の212に「分からない方がいい・・」が出典を明記せず投稿される。

2003年3月29日
洒落怖31の759, 761–764に「くねくね」が投稿される。

2003年6月9日
洒落怖40の764に「白いくにゃくにゃ」と題して「分からない方がいい・・」がコピペされる。
*このあたりから、徐々にくねくねの目撃例が集まるようになる。

2003年6月13日
洒落怖41の255に「黒いくねくね」の話が投稿される。

2003年6月14日
エニグマ14の18–21に「白いモノ」(海での目撃例)が投稿される。

2003年6月22日
エニグマ14の274に「イカ男」が投稿される。

2003年7月4日
エニグマ14の851と853に「白い人影」が投稿されるが、サーバーダウンに伴うデータ破損により外部サイトにのみ記録が残る。

2003年7月8日
専用スレ「く ね く ね」が立つ。夏休みの到来とともに一大ブームに。7月13日には第2スレが立つ。

2004年3月
『恐怖2ちゃんねる 電網百物語』に「分からない方がいい・・」が転載される。書籍での初掲載例?

2005年2月27日
ウェブサイト「うわごとのとなり」にくねくねの記事が掲載される。どういうわけか、くねくねを論じた部分のある二つの書籍(佐々木高弘2014『民話の地理学』、伊藤龍平2016『ネットロア』)のどちらもがこれを参照している。