日本怪異妖怪大事典「廣田龍平」担当項目の補遺3/5 納戸婆、二人坊主、抜け首、塗り壁、猫神、猫狸、猫憑き、ネロハ、野ぶすま、箸拾い坊主、バタバタ、般若、光る石、緋鯉、狒々

この記事がどういうものかについてはhttp://d.hatena.ne.jp/ryhrt/20130827/1377587908を見てください。原則として『日本怪異妖怪大事典』を手元に置いて読んでください。31. なんどばば【納戸婆】p. 416「納戸にいる、老婆の姿をした妖怪」。◎ 極端に解説を…

日本怪異妖怪大事典「廣田龍平」担当項目の補遺2/5 鍾馗、白犬、水精、太歳様、たんたんころりん、血染めの石、剣ミサキ、ててのすいき、とうしん、東せん坊、通り悪魔、虎、とんごし婆、ななめ、なんじ

この記事がどういうものかについてはhttp://d.hatena.ne.jp/ryhrt/20130827/1377587908を見てください。原則として『日本怪異妖怪大事典』を手元に置いて読んでください。 16. しょうき【鍾馗】p. 292「もとは中国の民間信仰で、疫病を追い払う神」。○ 僕は…

ちょっと軽めの篤胤妖怪論

『玉襷』七之巻からの引用。 ここに古学の意をよく得て、大倭魂を突き堅め、かれをも己をも知りてあるは、たとえ目の前に、ひょうすべ、見越し入道など出たらんも、人のならいはさるものにて、馬の放屁にも驚くことのあるなれば、見慣れぬものの、不意に出て…

タタミタタキとバタバタと、ムシロタタキとススハキと

柳田國男の「妖怪名彙」に、次のようにタタミタタキが紹介されている。 タタミタタキ 夜中に畳を叩くような音を立てる怪物。土佐ではこれを狸の所為としている(土佐風俗と伝説)。和歌山附近ではこれをバタバタといい、冬の夜に限られ、続風土記にはまた宇…

勘太郎火と勘五郎火

村上健司の『妖怪事典』には載っていないが、柳田国男の「妖怪名彙」にはひっそりと「勘太郎火」という妖怪が紹介されている(『全国妖怪事典』や『綜合日本民俗語彙』には載っている)。 オサビ 日向の延岡附近の三角池という池では、雨の降る晩には筬火と…

有漢のスネコスリ

『妖怪談義』などのスネコスリについてはこちらを参照。そちらに挙げた以外では『井原市史 民俗編』2001にスネコスリの話が載っていると化野燐が『怪』18で紹介しているが、これはまだ紹介されていないようだ。 狸のしわざと言われる股くぐり・脛こすりとい…

シバカキの原文(小ネタ)

『新訂 妖怪談義』の「シバカキ」 夜分に路傍で石を投げる怪物だという(玉名)。p.248 それに対する小松和彦の注(同書) 「玉名」が指示する出典不明。能田太郎「肥後南ノ関方言類語集 体言編」『方言と土俗』(第三巻第三号、一言社、一九三二年)に、「…

オラビソウケは存在しない

前回のあらすじ:柳田國男『新訂 妖怪談義』では、柳田が曖昧にしていた妖怪情報の出典を小松和彦が徹底的に調べて明らかにしている。それでも不明なものは多い。しかしじっくりと伝承地域とそこをフィールドワークした研究者を追っていけば、もしかしたら出…

googleで見つかる白坊主の出典

2013年1月に柳田国男の『新訂 妖怪談義』が角川ソフィア文庫から出た。これは人類学者の小松和彦が、柳田が不十分にしか示さなかった出典や当時の事情などに細かく注釈をつけたもので、その意味も込めて「新訂」がタイトルに付されている。 なかでも小松が力…

追記:なぜ「妖怪名彙」に『現行全国妖怪辞典』がないのか

要約:柳田國男が「妖怪名彙」を書いたとき、佐藤清明の『現行全国妖怪辞典』を参照したのは明らかなのに、柳田はそのことにまったく触れていない。しかし、二人には方言カードを介した交流があった。そうすると、柳田が佐藤の方言カードを直接参照して「名…

翻訳モーリス・ブロック2

「信念」についての昔からの人類学的問題 これとは別に、さらに根本的な問題がある。それは上に述べたことすべての背後に存在するものだ。つまり、反直観的か否かにかかわらず、宗教に取り組むときに「信念」[信仰]を中核的な問題とすることが、現在検討し…

翻訳モーリス・ブロック1

Maurice Bloch, 2005, Are Religious Beliefs Counter-Intuitive?, in Essays on Cultural Transmission, Oxford: Bergの翻訳。[]内は訳者による補足。説明などは最後まで行ったらします。宗教的信念は反直観的か人類学者は、一般公衆や一部の哲学者顧客向…

翻訳モーリス・ブロック3

様々に異なった超自然的信念と認知的態度 私が論じているのは、スペルベルとボイヤーが間違っているのはすべての宗教的な現れが認知的にも卓越的にも反直観的だと考えている点であり、それは宣教師がその手の信念しか探さなかったことと同断だ、ということで…

納戸婆のバリエーションの多さ。

久しぶりに書いてみる。妖怪辞典に進展があったので。数日前に妖怪辞典の担当の方からメールが来て、ようやく校正されたものが送られてくるとのこと。当初の予定では9月ごろには出版予定だったはずなのだが、辞典というのは原則として出版が常に遅れるものら…

ヘンリエッタ・ムーア

ゼミでヘンリエッタ・ムーアの『人類学の主体(主題)』(The Subject of Anthropology, 2007)の一部を担当することになっているので、準備がてら日本語訳をしている。このゼミは比較的詳細にテクストを読解することになっているので、たとえば1章につき2週間は…

妖怪ネロハについて

少し前に「ネロハ」という妖怪について調べていると書いたが、その続報(というか、まとめ)。ネロハはコト八日という行事と密接に関連するのだが、コト八日についても先の記事を参照のこと。 まず、ネロハを行事名とする地域がある。以下、特筆しない限り埼…

最近の心境。

今すごく自分は苦しい、誰かに助けてもらいたい、でも誰がどうすれば自分が助かるのかわからないから、そのくせ助けてくれるものしか受け入れたくないから、自分を助けようとして差し伸べられる手をすべてはねのけてしまう……うーん、よくある話だ(im@s)。 「…

メモ

簠簋抄=◆D26517◆◆D26448◆抄国文学複製翻刻書目総覧

ネロハ

11月2日に言及したネロハという妖怪について気になったので資料をそれなりに集めてみた。明日か明後日くらいに、別の図書館からの複写資料が届くだろうから、そのあたりでネロハについて200字以上で書いてみようと思います。 ネロハは埼玉だけでなく群馬…

妖怪辞典・他の人の原稿を見つける。

文化人類学者の梅屋潔さんのウェブサイトに業績一覧があるが、そこに『日本怪異妖怪辞典』の項目を一つ担当しているとの記述があるのは前から知っていた。今日、ふと気になって再び見てみると、原稿がpdfでアップロードされていた。 以下。「団三郎狢」。 ht…

妖怪辞典・補遺

出版が来年の9月予定だから1年近く前から「補遺」もなにもないとは思うのだが、初稿を提出したあとになって、妖怪についての情報を新発見したりするから困るのである。どの程度辞書制作についてのネタバレをしていいのかわからないのだが、僕たち院生=下っ…

日本怪異妖怪辞典

所属研究室が民俗学とセットになっているため、半年くらい前に、『日本怪異妖怪辞典』というものを書くから院生を使わせてくれ、という願いに乗るかたちで、民俗学専攻でもないのだが、書かせてもらうことになった。もともと怪異や妖怪には興味を持っていた…